岡山県トラック協会主催「はたらくトラックファミリーフェスタ」に行ってきた

トラックファミリーフェスタ2018

毎年、岡山県トラック協会が主催して行われるファミリー向けイベント『はたらくトラックファミリーフェスタ』。

運送関連業者が多く集まるということで、どんな催し物なのか実際に行ってみました。

はたらくトラックファミリーフェスタとは?

「トラックの日」関連事業の一つとして、くらしと経済を支えるトラックについて親しみを持ってもらうことが目的で平成23年から開催されている。来場者は年々増加傾向にあり、地元に根ざしたイベントととして定着しているようだ。

地元の運送業者の方々による催し物のを紹介します。

絶好のイベント日和!場所は岡山市サウスヴィレッジ

岡山市南区の「サウスヴィレッジ」内の一部での開催です。

具体的な地図はこちら

イベント開始は午前10時。向かうまでの道路の混在はほぼありませんでした。

ただ、駐車場はいっぱいになりかけていたかな…。

会場に入ると、小学生が描いたトラックの絵画の優秀作品が展示中。

今年、岡山県を襲った台風21号の被災地で活躍したユニック車?を描いた絵には『台風処理』の文字が。ナンバープレートが『日本』だから自衛隊のトラックかな?

小学生のトラック絵画

男の子はテンションが上がりそう!クラックやクラッシクカーが展示

会場内で目立ったのはピカピカに洗車されたトラック!

岡山城をアピールした岡田商運さんのトラックや『Gマーク』をアピールした岡山県貨物さんのトラックなど。

間近で見るとやっぱりデカイですねー。

貴重なクラシックカーも数多く展示。家族の中ではお父さんのテンションが上がりそう(笑)。

トラック クラッシクカー

岡山南高校・吹奏楽部によるブラスバンドも

会場内を盛り上げたのは地元の高校生によるブラスバンド演奏。

協賛企業のスタッフによるフードコーナーは大盛況

フードコーナーの中でも100円で提供される焼そばと唐揚げが人気。

日生名物『牡蠣おこ』にも長蛇の列が!

フードを提供してくれるのは普段はトラックの運転をしているであろう協賛企業の社員の方々。とっても忙しそう。。。

私も今回使った金額400円のみ!とってもリーズナブル!

フードコーナー

高所作業車やマイナス20度の冷凍車体験も人気!

様々なトラックが展示されているなかでも、高所体験ができる『高所作業車』とマイナス20度の世界を体験できる『冷凍冷蔵車(岡山スイキュウ)』が大人気。

冷蔵・冷凍車

縁日・お祭りでおなじみような子供向け遊戯コーナーも

スーパーボールすくいとバスケットボールビンゴなど子供向けの遊戯コーナーも充実。おまけのおもちゃがもらえるので子供は大喜び。

遊戯コーナー遊戯コーナー

家族で1日楽しめるイベントです!

今回は、午前中の数時間を過ごしただけですが、一言で言って楽しめました!

午後には、パトカーや消防車も来場したようで、さらに盛り上がったのではないでしょうか?

人気の乗り物コーナーは長蛇の列ができるため、多少待ち時間が発生しますが、敷地が広いせいか全体的にはゆったりと過ごすせる印象です。

他にも、『ステージイベント』や『子供免許証』など家族向けのコーナーがたくさん。会場内に常設された遊具もあるため、小さいお子様が飽きることもないですね。家族で1日過ごすには十分なイベントでおすすめです!

コメント